FC2ブログ
Kaichiro's News
いつもどんな時も ダンスと共に…
かいちニュース
現代版
ヘンゼルとグレーテル

皆さんは今年の始めにおきた、まるで
「ヘンゼルとグレーテル」
のような、あの事件を覚えていますか?

自分の息子を車から降ろし、その場から立ち去った。

そのご両親は、すぐに迎えに戻ったと言っています。

しかし、彼らの息子はすでに、その場には居なかった。


運よく、彼は7日後に救出され、両親の元に戻った。


彼はどんな風に7日間を過ごしたのでしょう。

お菓子の家を見つけた。
実際には、それは自衛隊の駐屯所だった。


お菓子を食べた。
実際には、それは水だった。


彼はどんな思いで7日間を過ごしたのでしょう?

寒かったでしょう。怖かったと思います。

しかし、彼は生きた、水を飲み続けて、生き続けたのです。

彼は自分を信じたんだと思います。

友達や学校の先生、置き去りにした両親をも信じたのです。


子供に罪はありません。
あるのは親のワガママだけです。


確かに、子供を育てるのは一筋縄ではいきません。

しかし、無責任な事件がテレビをつければ常に流れてくる。

無情な事件の背景には何があるのか。



グローバルスタンダード
自己責任。


とみせかけての責任回避


効率的な生産性
合理的な主義、主張


本当にこのままでいいのか。

本当にこのままの日本でいいのでしょうか?


まず犠牲になるのはヘンゼルとグレーテルのような子供達です。



11/23・24
銀座タクトで自主公演があります!

①現代版
ヘンゼルとグレーテル
②現代版
赤ずきんちゃん

https://hgl2009.themedia.jp/


ホームページに詳がわかるチラシデータを載せてあります。
ご確認ください。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック