Kaichiro's News
いつもどんな時も ダンスと共に…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルームス

今回のルームスは新しい試みです。


毛色は変わってないですが
全編セリフ芝居になってます。

もちろんダンスも歌もありますが

芝居で物語を見せていく試みになってます。


僕らは役者ではないのでセリフを覚える事に不慣れで、
尚かつ、声をはる事にはもっと不慣れです


でも今回のパターンが上手くいけば
引き出しが増えて可能性がもっと広がると思ってます。


水野 直さんという役者さんに参加いただき

彼を軸に物語は進行していきます。

メインはルームスのメンバーですが

水野さんがいなければ成立しないので


力強い助っ人です。

もう一回もう一回の毎回、
たける兄さんもかおりねぇさんも

仕事を終えて疲れているのにマックスで演技してくれるので

すげーなと思いながら内心見ています。

みちこねぇさんはやっぱり天才肌なんですね。

毎回芝居のニュアンスを相手のテンションに合わせて変えるし
新鮮にこなしてくれます。


もちろんダメな所もあります。

ダンサーってやはり全体像を掴むのが遅いなと思います。

自分のパートだけになりやすい

自分のセリフだけ覚えてても
芝居は成立しないでしょ


そういう意味で今までのルームスの弱点は

自分のパートだけ

になっていて、
常に気になる所でした。


今回が全体像を把握するという
良い試練になればと思っています。


えっ!?そんなの当たり前の事じゃないの?

と思う人も沢山いらっしゃると思います。


でも、うん、そこが弱いんです。


一つになるって難しいですよね。


頑張ります!頑張りましょう!



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。